柳原歯科医院の入れ歯づくり

柳原歯科医院の入れ歯は…

歯は「噛む」ためにある。
入れ歯だって「噛む」ためにある。
あなたの入れ歯に院長が「魂」を込めます。

診療方針として

「削らない・抜かない・痛くない」。これが当院の歯科診療のモットーです。できるだけ健康な歯は触らず、その人自身が持っている治癒能力、自浄能力で口の中の健康を保っていってほしい。ですから、患者さまとしっかりコミュニケーションを取り、日常生活を明るく過ごすための一番いい治療手段を取ることを第一に考えています。

これは「入れ歯」でも同じです。患者さまが歯を欠損してしまう状況になったときに最適な手段は何なのか、これを第一に考えます。部分入れ歯、総入れ歯、インプラントなど、手法はさまざまです。適切な方法と手順、対策についてきちんと話し合い、お互い納得しない限りは治療を進めてまいりません。そして入れたことでしっかり「噛める」、飾りではない本物の代わりとして患者さまが満足していただけるような入れ歯を創り上げてまいります。その道中、そして入れ歯が出来上がってからも重要視するのは、口中の健康、そして元気な歯があるならばその歯を末長く守ること。おいしく食べられる、そして口を大きく開けて笑える、そんな入れ歯作りの道を、私たちと一緒に歩んでいきましょう。

 

他歯科医院との違い

無理な高額治療を勧めない

入れ歯は材料や手法によって、治療費用が大きく変わります。高い材質の歯、歯床を使ったり、入れ歯で十分対応可能なのにインプラントを勧めたり、かなり強引な形で高額治療を行ってしまう医院もなかには見受けられます。
当院では患者さまとの検診と対話を重ね、口の中の状態やクセなどを正確に把握して、できるだけ患者さまの身の丈に合った最適な方法を導き出していきます。まずは保険治療の範囲内で満足していただける形で入れ歯を手にしていただき、その後のステップ(入れ歯の改良・残存歯の健康対策など)に進まれる患者さまがほとんどです。

入れ歯形成段階での新技法の導入

従来の入れ歯作りは歯型を作り、それを歯科技工士にそのまま渡して出来上がりを待つという形で進められてきました。通常の保険治療の入れ歯製作ですと、この分業制によって、歯科技工士の歯の並べ方が画一的な並べ方になってしまい、患者さんひとり一人に合った工夫ができていないことがあります。

当院での入れ歯作りには形成段階で患者さまの口の中を動画に撮り、これを歯型と一緒に技工士さんにお渡ししてから製作に入ります。またこの動画をもとに、実際の義歯を手で並べて配置し、最適な状態を探っていきます。たったこの一手間、動画を工程に取り入れることで、入れ歯作りが大きく変わるのです。
加えて高齢の患者さんには、歯があった頃の写真を持参していただき、若いときの歯の状態に近づけるように形成をしていきます。若いときに受け口だった人へ通常の入れ歯をお渡しすると、当然噛みづらさが発生します。ひとり一人に適合した入れ歯作りを、画像、動画データを参考に進めていきます。

さらにGoA(ゴシックアーチ描記法)という手法を使って、噛み合わせの状況を診断していきます。当院は奈良県内で数少ない、この手法を導入している歯科医院です。少々説明は難しいのですが、歯の動きを測定して線で示し、上下の噛み合わせだけではなく、食べ物をすりつぶすときに入れ歯を「ずらせる」動きが格段に変わる設計を入れ歯に施します。
他にも現況での最新技法に取り組み続け、随時、情報収集を欠かさず行っております。そして、最後に…。

院長が入れ歯に魂を吹き込む

当院の入れ歯作りは、完成品ができて患者さまにお渡ししてハイ、終了…ではないのです。出来上がって患者さまの口の中に初めてはめ込んだ段階が、当院の本当の入れ歯作りのスタートといっても過言ではありません。

歯型などをもとにした形成段階では噛み合わせがうまくいっているように見えても、実際にはめてみると微妙なずれができたりフィットしなかったりする可能性が大いにあります。実はある患者さんの口の中を100回型取りすると、100回それぞれ、微妙な誤差が出る場合があります。これをできる限り減らすために、当院では何度でも調整します。

まずは仕上がり時に一旦作った入れ歯を使って、もう一度咬み合わせ検査を行います。そして再度咬み合わせ調整を行います。ピンクの樹脂の部分は変形することもあり、付けた状態の入れ歯は細かく精査しなければいけません。ここで盛り込み、削りを綿密に加え、最高の噛み具合を感じられる形状に仕上げます。場合によっては大部分を作り直すことも…。微妙な誤差から生まれる「なんとなく噛めない」という感覚をなくすために、手間をかけて作り上げていきます。このように再三にわたり、調整する歯科医院は、他には少ないはずです。この最後の工程があるかないかで、入れ歯の仕上がりは全く別物となります。この一連の作業は心を込めて、当院の院長がすべて行います。

当院は院長が患者さまの状態をすべて把握し、院長のみが治療を行います。
入れ歯も同じで、患者さまに納得してもらえるまで、院長が誠心誠意お付き合いいたします。

「魂」を込めた入れ歯作り。
感謝と感動の声を、多くの患者さまからいただいております。

 

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
;