後悔しない入れ歯の選び方

後悔しない入れ歯の選び方

「入れ歯」は選択肢が多すぎる!

一言で「入れ歯」といっても、さまざまな種類に分けることができます。

歯を全部入れ歯にしてしまう「総入れ歯」一部の欠損した場所にはめ込む「部分入れ歯」の違いは、ご存知の方も多いのでは…。

材質面では土台となる「歯床」をプラスチック系にするのか金属系にするのかで、大きく異なります。
あごの形状、口の中でのなじみ具合、舌を当てるときの“クセ”などで、あなたにフィットする入れ歯の選択に、悩むことになるかもしれません。

もちろん、かかる費用も健康保険か、自由診療か、でも大きく変わります。
自由診療においては設計や、材質などでも変わってきます。経済状況と口の中の状態をよく考えて選ぶ必要があります。

 

一般的な入れ歯 (健康保険利用入れ歯の一例)

従来の入れ歯

ミラクルデンチャー (自由診療での入れ歯の一例)

ミラクルデンチャー

 

2019年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
;